脱毛の影響

脱毛の肌や体への影響

脱毛の影響

脱毛施術で使用される医療用のレーザーは脱毛後に元の産毛より硬い毛になってしまう「硬毛化」が起きてしまうことがありますが、これは特殊なことではなく部位によっては高頻度で起こります。

 

医療レーザーやフラッシュ脱毛は毛根に光を照射しダメージを与えて脱毛する仕組みで、医療用レーザーはフラッシュ脱毛に比べて高出力のため毛根絵の刺激も強くなり、高い脱毛効果が得られますが、まれに毛根の破壊が不十分となり育毛機能が活性化されて硬い毛が生えてきてしまうのです。部位によって硬い毛が生えてきてしまうのはその部位によって出力を調整しながら施術を行っているからといわれています。
レーザーの出力をさらに上げて照射すると、脱毛効果は期待できるかもしれませんが火傷してしまう危険もありますし日焼けやシミがあると強い痛みを感じることもあるようです。
適度な出力では硬毛化の可能性がありますが、逆に出力を上げるとやけどの恐れがあり施術中は強い痛みも感じることになってしまいますので施術の際には出力を調整しながら様子を見るしかないようです。
またレーザーよりはフラッシュ脱毛の方が硬毛化になる可能性は低いそうですが、ごくまれに硬毛化になることもあるそうなので、どの施術方法でも硬毛化する可能性は否定できませんね。

脱毛の影響記事一覧

脱毛で毛が増える?

脱毛施術はレーザーや光お肌に照射し、その熱で毛根やその周辺組織を死滅させて脱毛を促していくものですが、ごくまれに脱毛されず毛が増えてしまうことがあります。これは増毛化といいますが、増毛化してしまう原因がはっきりとわかっていませんがレーザーや光の熱で死滅させられなかった毛根や周辺組織が活発になり、毛が...

≫続きを読む

脱毛で汗が増える

ワキの脱毛施術後、発汗量が増えたと感じる方が多いようですが脱毛施術を行うと発汗量が増えてしまうのでしょうか。実際には、発汗量は以前と変わっていません。しかし毛がなくなることで今まで毛によって止められていた汗が流れ落ちるようになり、汗が多くなったと思ってしまうようです。しかし脱毛後には汗が増えると思っ...

≫続きを読む

脱毛後の日焼けに注意

脱毛施術前はもちろん、施術中にも気を付けなくてはいけないのが日焼けです。脱毛施術は毛に含まれているメラニン色素に反応する光を照射して脱毛を促すものですので、日焼けしたお肌に多く含まれているメラニン色素にも反応してしまいます。もし、日焼けしたままのお肌にレーザーやフラッシュ脱毛の光を照射してしまうと火...

≫続きを読む

デメリットへの対処法

脱毛施術には、ムダ毛処理を自分で行う手間がなくなりつるつるのお肌が手に入るといったメリットもありますが、火傷やお肌トラブル、増毛化や硬毛化になってしまうデメリットがありますね。そういったデメリットに対処するためには、脱毛施術を行うエステ店や医療機関を選ぶ際に「きちんとしたケアを行い、信頼できるお店を...

≫続きを読む

脱毛期間中に妊娠したら

エステ店や医療機関での脱毛コースを利用している途中、妊娠してしまうと脱毛施術が受けられないことがあります。妊娠中はホルモンバランスが乱れがちで、脱毛施術を行っても効果がでないことが多いので殆どのお店では妊娠中の施術はお断りしています。では、脱毛コースを契約していて妊娠した場合はどうなるのでしょうか。...

≫続きを読む

服用中の薬について

エステ店や脱毛専門店でのカウンセリングの際には必ず、服用中のお薬や治療中の病気がないか聞かれます。脱毛施術には関係ないと思われがちのお薬ですが種類によっては施術に影響があることもあるので、注意が必要です。月経不順などで、低用量ピルを服用されている方も多いと思いますが、店舗によっては施術を断られること...

≫続きを読む